いろいろ

2017年4月 1日 (土)

いきなり突き指だよ・・・


スキーは一段落で、バレーボールを始める季節がやってきた!

今日は今年最初の練習だったんだけど、いきなりの突き指。

慣れてるんだけど、痛めのやつだな(涙)

歳とともに動きが怪しくなり、変な手の出し方をしてしまった・・・


あと一回くらいスキーに行こうと思っていたのになぁ。

ストックを握れないかも。

コブは絶対に無理だな。




2015年12月30日 (水)

オレオレ詐欺に引っ掛かるのは国民性


オレオレ詐欺に代表される特殊詐欺の被害は甚大です。

何でそんな詐欺に引っ掛かってしまうんだろう。

歳を取ると、仕方無いのかな。

そういう人も世の中には居るということなんだと、漠然と思っていました。


それが、2015年も残すところあと数日となり、「あぁ、そうか」と納得できました。

理由は簡単、国民性なんです。

日本の外交を見てれば分かることだったんです。

今回の韓国との慰安婦についての交渉で、やっと認識できました。


国を代表する人達が、根拠の無いことを自分達で事実にしてしまいました。

何だかんだ言われると、そうかも知れない、もうそうなんだとなってしまうんですね。

国を代表する人でそうなんだから、一般人がオレオレ詐欺に遭って当然です。


一度詐欺に引っ掛かると、詐欺業界で目を付けられるらしいじゃないですか。

日本の中なら警察とかが助けてくれますけど、国の場合はどうなるんですかね。

国と国が争う国際社会の中で、助けてくれる組織なんてありません。


個人の詐欺被害を防ぐには、周りの人の注意で気付かせることが重要です。

国の場合も、国民一人ひとりができることは、しっかり政府に注意することですかね。

国民性だから仕方無いと言っている余裕は、今の日本にはありません。




2014年8月31日 (日)

ホンダのヴェゼルに試乗

外出時にちょっと時間ができたので、ヴェゼルに試乗してきた。

たいして興味はないが、ホンダの店が近かったので。

あと、自分は試乗記を読むのが好きなので、誰かの参考になればよいかと記しておく。

グレードは、ハイブリッドのX・Lパッケージ。

4WDで17インチの、何だっけ・・・ダンロップのスポーツマックス?だかを履いていた。

室内の広さは、長さ方向で前後とも十分。

全幅はもう少し小さい方が日常では良いと思った。

最近の車はみんなデカイと思う。

街中の店から往復20Kmの峠道を走った。

表示燃費は、登りで10くらいで往復で19km/Lだった。

かなり燃費を意識して走ったが、登りに不満なし。

追い越しはしてないので、急加速は分からない。

あと、下りではブレーキをほとんど踏んでいない。

峠の試乗ではハイブリッドの意味なかったか。。。

カーブは良く曲がる。

タイヤを鳴らそうと思ったが、鳴らず。

同乗者を考えた運転の範囲では、不満に思う人は少ないのでは。

乗り心地は悪い。

ジムニーに乗ってる自分でもそう思う。

17インチタイヤは、バタバタとして不快な振動が常にある。

乗り心地を考えれば、16インチのグレードXが良いと思う。

以上




2014年5月 3日 (土)

この髭剃りは秀逸


良い髭剃りの刃を見つけた。

これは、秀逸である。

これまでの製品とは、明らかに格が違う。

その刃とは、これである!


Photo_5


これまで髭剃りの新商品といえば、刃の枚数を増やしていく方向だった。

3枚が4枚になり、そして5枚と・・・

つまらん業界だなと思っていた。

自分があの業界の技術者じゃなくて良かったと思っていた。

新商品の開発がただ刃の枚数を増やすだけなんて。

また、自分だったらどうするかと考え、確かに難しいなとも感じていた。


そこへこの商品の登場である。

枚数増やし競争から離れ、新しい技術が入っている。

特許を出願中だそうな。


Photo_6


この商品を見つけ、直ぐに購入した。

使用してみると、確かな違いを感じることができた。

従来品は、鋭い刃が髭を切り取ることを感じ取れたが、肌への負担も感じた。

この新商品は、しっかり剃れているのに、あまり切れている感覚がない。

極端に言うと、樹脂製品の角で肌を擦っているような感じである。

なのに剃れている。

そして、肌への負担が減っていることを実感できる。


つまらん業界だとか思ってしまってゴメンなさい。

良いものを作りましたね。




ブログ村 スキースノボーブログ


ウォッちずにGPSデータの軌跡を表示させる方法

Garmin Nuvi1480Plusで記録したGPSデータをウォッちずに表示させる方法。
たいした作業ではないが、念のための記録。


手順
1.本体からGPXファイルをパソコンへ。
2.GoogleEarthでKMLかKMZに変換する。
3.ウォッちずで読み込む。


○手順1

省略

○手順2(GoogleEarthでの変換方法)


①ファイルを開く

Photo
②変換して保存

Photo_2


○手順3(ウォッちずでの読み込み)


Photo_3
以上




2013年2月23日 (土)

日本人学生が苦しむ一方で、留学生30万人計画



日本人の学生は、社会人になった後に奨学金を苦労して返します。

厳しい経済環境の中、これは非常に大変な事です。

簡単に想像できることですが、最近の日本弁護士連合会の調査で実態が分かりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130223/t10015732381000.html


一方で、留学生30万人に生活費と学費を給付する政策が進んでいます。

給付ですから、与えているのです。

留学生は、貰った金を返さなくていいのです。

こんな馬鹿なことが、実際に行われているのです。

参考に下記のブログを御覧下さい。

http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51768421.html


皆さんは、こんな政策で本当に日本の未来が明るいと思いますか?

天下り先の確保は、あの手この手で行われますね。


ブログ村 スキースノボーブログ




2012年11月 3日 (土)

【人権救済法案】を臨時国会へ提出か!?


野田内閣が、人権救済法の成立を本気で狙っているという話があります。


この状況で本当だろうか、と思ってしまいます。


しかし、最後の悪あがきと看過はできません。

これは、絶対に成立させてはならない法案だと思います。


ご存知ない方は、左下のバナーを御覧下さい。

反対署名が8万を超えています!

国民の声で、この法律の成立を防ぎましょう!



ご存知の方    ----> 国会議員に反対意見を伝えましょう!


ご存知ない方 ----> ネットでお調べ下さい。 絶対に反対になりますから!












2012年7月 7日 (土)

あのスキーはどこへいった?



元西沢スキーの社長が、スキー業界のことや西澤家のこと、入社してから社長として会社を畳むまでの経験、将来の世界経済についてなど、内容てんこ盛りの本です。

色々な話題があるので、一つ一つの内容は薄いかなと思います。

 題名からは、スキー業界の衰勢や裏話が書かれた本かと思っていました。

業界のことなどを詳しく知りたくて読んだので、ちょっと期待はずれという感じになってしまいました。

 

目次から幾つか拾ってみましょう。


・仏・グルノーブルで誓う―いつの日か自社ブランドで日の丸を!

・日本初のスキーメーカー、西沢スキー誕生

・スポーツメーカーの偉大な先人たち

・アメリカにいきたい! アメリカならどこでもいい

・私の先祖を紹介させていただきます

・西沢スキーを襲った未曾有の危機

・書店経営はけっしてハデな事業ではない。西澤書店の原点へ!

・わたしのささやかな日常

・21世紀の金融経済学を学ぶ


どうです? 盛り沢山じゃないですか?


えらく色々と詰め込んだなと思っていたのですが、あることに気付いて納得しました。

 本の扉に「西澤書店創業100年記念出版」とあります。

 色々と思うところがあったのでしょう。


期待はずれだったことは事実ですが、興味深かったところもいくつかありました。

日本のスキーメーカーの草創期を垣間見ることができましたし、過去に3度あったというスキーブームの勢いを感じることが出来ました。

 自分もブームの真っ只中でスキーをしてみたかったと、ちょっと思うのでした。

ブログ村 スキースノボーブログ






2011年8月21日 (日)

多摩ニュータウン再訪

木曜日に何年かぶりで多摩ニュータウンへ行った。

まずは母校がある南大沢へ。

いやー、色々と増えましたな。
昔の記憶とえらい違うので、初めて来た場所のような錯覚を覚えた。

近くをキョロキョロしながら歩き、視線を上げると、うわぁ!

Dvc00010

さらに、もう一つ!!!

Dvc00011_2


これら以外にも、なんだか賑やかになっていた。
学生時代後半から勉強するには環境が悪くなってると思っていたが、益々そうなった。

その後は多摩センターへ移動。
ここはアパートを借りて住んでいた場所。

今回の目的は友人と食事をすることで、私の希望で多摩センターまで行ってもらった。
理由は、私が学生時代に行きたいと思っていた店へ行くため。
その店がこちらの新都市センタービルにあるレストラン「ラ・フレーサ」。

Dvc00005

この店の前を6年もの間通学していた。
そして、いっつも「旨そうだなー」と思いながら通り過ぎていた。
なぜ通り過ぎていたかと言うと、なんだか学生の自分には入りづらい雰囲気だったから。
実際はそんなことないんだろうが、自分はそういう学生だった。
何時か食ってやると思いながら、その思いを果たせずに卒業してしまった。

そして、その念願が叶う時がついにやってきた。
注文したのは、ミックスフライ定食。
味は普通だったけど、感慨深いものがあった。

レストランの料理見本。
入学して初めてこの陳列棚を見たときは、胸が躍った。
まあ、いまでもそうなんですが。

Dvc00006_2

積年の思いが果たせた夜だった。

それにしても今回思ったのが、多摩ニュータウン頑張るなということ。
住んでいた頃は、人は増えないだろうし開発もこのくらいで終わりだろうと思っていた。
しかし、駅前や幹線道路沿いを見て、その予想が外れていたことが分かった。
いったい今後はどうなるんでしょうね。
まあどうなっても、人工的過ぎて自分は二度と住みたくないですけど。


2011年8月13日 (土)

うろづかみ

いやー、夏です。

夏と言えば、毎年恒例の魚捕り、”うろづかみ”です。
これがやりたくなって仕方ない。
で、本日行って来ました。

川を変えながら半日以上頑張ったんですが、獲物はイワナが4匹でした。
どれも小ぶりで、一番大きいので20cmでした。
いつもなら河原で焼いて食べるんですが、小さめばかりだったので逃がしてきました。

それでも、十分に楽しかったです。
うろに手を入れて魚に触れた瞬間の感覚と興奮を、久しぶりに味わいました。
まあ何時もどおり、手がキズだらけですが・・・

それにしても感じるのが、川に魚が少ない!!!
理由の一つは、明らかに河川工事です。
これ以上の余計な砂防ダム建設や護岸工事は、やめてもらいたいです。
計画を立てた人達には、いったいどんな将来が見えていたんでしょうかね???

あーあ、生き物いっぱいの川が戻ってこないかなー

Dvc00002_2

より以前の記事一覧