スキー(15-16)

2016年4月 2日 (土)

春だからコブも(37日目)


今日は、久々の開田高原マイアへ!

マイアで滑るのは、これが2回目か?

御嶽山を間近で見るのも久しぶり。


Dvc00005


先週は右ターンも左ターンも良くなって、それを忘れないようにとマイアへ来たのだが・・・

なんか、雪質が違うこともあって、先週のようにはいかなかったな。

特に左ターンは、気を抜くと直ぐに内倒してしまう。

まあ、長年の癖だからな。


雪はグサグサだし現実4月だしということで、今日はコブも滑った。

もう滑ることになるだろうと予想して、短い板も持ってきていた。

いやー、コブを滑るなんて久しぶりだ。


コブコースへ行ってみると、今日のコブは柔らかくて友好的なコブ達だ。

なんだけど・・・なんか面白くないな。

久しぶり過ぎて、そもそもコブ斜面を滑るという行為に疑問が湧いてしまう。

10年前は、馬鹿みたいに滑っていたのにね。

それでも、何本か滑っているうちに少し楽しくなった。

10本くらいは滑ったかな、リフト終了まで滑ってヘロヘロに。






今日のコブとか小回りの動画を見て思ったことは、下半身の動きが固い。

来シーズンは、小回りから中周りも滑って、柔軟な動きを意識してみるかな。



ブログ村 スキースノボーブログ


2016年3月27日 (日)

やぶはら最終日(36日目)


今シーズンも来てしまった、やぶはらの最終日。

一昨日、昨日と終盤で大革命があったので、良いシーズンだった。

今日は、昨日になって急激に前進した右ターンに特に注意して滑った。


朝から良い天気!

最終日の雪質は、柔らかいザラメ。


Dvc00003


雪が少ないけど、ちゃんと階段の所まで雪を寄せてくれる気遣いが嬉しい。

やぶはらのゲレンデ整備は評判が良いし、実際に上手いと思う。


Dvc00001


午後の国3では、小回りの花道ができた。


Dvc00005


今日は頑張って、リフト終わりまで滑った。

雪はグサグサ、自分はヘロヘロ。


Dvc00010_2



雪不足の中でもたっぷり楽しませてくれて、ありがとうございました。



ブログ村 スキースノボーブログ


2016年3月26日 (土)

右ターン革命記念日!(35日目)


今日もやぶはら。

天気良し、朝は硬いザラメ。


昨日のことがあり、朝からさつきコースで丁寧に滑る。

その後、気分転換にどんぐりコースへ。

そこで、不意に新鮮な感覚が降ってきた!

長いこと悩み続けた右ターンで、ついに壁をぶち破った瞬間だった!

やっと分った! 

確かにこれまでの運動では駄目だったわ。


気分転換で185cmのR21でカービングを意識した縦長のショートターンをしていた。

その後に緩斜面で丁寧な中周りをした時だった、衝撃的だったのは。

何だか分らないが、これまでの積み重ねがあってのことかな。


その後、忘れないようにと、どんぐりコースを回しまくった。

壁を越えたので、色々と試し、新しい感覚、動きを次々と得ることができた。

やぶはら最後の二日にして、今シーズン最大の収穫を得ることが出来た!!!



ブログ村 スキースノボーブログ

2016年3月25日 (金)

足幅を死守(34日目)


今日もやぶはら。

国3は、昨日の新雪が少し混じってほど良く締まったザラメで滑りやすかった。


今シーズンは、良い軸を出そうと努力してきた。

特に左ターンは内倒ぎみで、もう少し外傾にした方が良いと思っていた。

外足にしっかり乗らなければと、あーだ、こーだ試してきた。

少しは成果があったが、何か基本的に駄目だなと思っていた。

そんな中で、2月24日に足幅を変えないことを意識したら、良い感じがあった。

しかし、動画を見ると、感覚ほどの変化はなかった。

その後、先日の20日に、外足と内足が平行になっていないことを自覚できてきた。

つまり、2月24日は、足幅を変えないつもりが、内足の角度が合っていなかったようだ。


そんな経緯があり、今日は絶対に足を平行で幅を死守の意識で滑った。

幸いにゲレンデが良く、新しいことを試しやすかった。

実際にやろうとすると、自然にこれまで以上に外傾しないとできない感じがあった。

ビデオで確認すると、いつもより右外足で外傾が強くなっていた。



Photo







まだ全体の形は変だけど、大きな前進のきっかけになりそうな気がする。


ブログ村 スキースノボーブログ

2016年3月21日 (月)

車山でアルペン試乗会(33日目)


今日は、車山でアルペンの試乗会に参加した。

スキーで車山へ来たのは、9年ぶりくらい。

普段のやぶはらと比べると、なんかスキー場の都会みたいに感じた。


試乗は、アルペンみたいな大きな主催は初参加で、ワクワクだったのだが・・・

ちょっとがっかりして帰ってきた。

それと言うのも、目的2つのうち、1つは果たせなかったからだ。

目的は、R30やR35の板と、GS板と自分のブーツの相性を確かめることだった。

だけど、期待したR30やR35の板は無かった・・・

注文が期待できないから持って来なかったそうな。

競技の多いアサマでは出すので来てくれとのことだが、行きません。


さて、そんながっかりで始まったが、希望に近い板もあって得られたこともあった。

まず最初に試乗したオガサカのGS入門板。

自分は内倒癖があるのに、締まったザラメに簡単に食い付いた。

簡単に回ってきて、加速感があり、最初の切り替えで身体が遅れた。

自分が望んでいるより弧が小さく、忙しい。

板との間に隙間が設けられたGRプレートは、自分のブーツでも大丈夫だった。

前のGRは相当硬いという噂を耳にして、気になっていた。

担当者は、前は難しかったが現行モデルは格段にたわむと言っていた。


Dvc00010


Dvc00011




次に試乗したのは、ハートの大回り板。

依然として締まったザラメ。

R27くらいで、忙しくない。

やはり、大きい回転半径の板が自分の好みに合いそうだと思った。

先ほどのオガサより弱いが十分食いつくし、軽くて滑らかな感じで好印象。

ただ、先端部分からカラカラという安っぽい音がするのがちょっと・・・


Dvc00013




オガサカ基礎大回りが戻ってくるまでロシニョール。

これは、足の大きい自分は鉱泉ヒュッテの試乗板が駄目だったので、試したかった。

この会場でも難ありだったが、ブーツが入るようにしてくれた。

自己責任、スピード出すなとか言われながらの試乗。

試乗できて満足。


Dvc00015




次にオガサカの基礎大回り板。

この頃になると、けっこうグサグサになっていた。

先ほどのGS入門と同じプレート。

ブーツ下はかなりしっかり感があるが、トップの方はどうなんだろう。

ちょっと頼りない予感がしたので、硬い時に試したかった。

あと、もうちょっと回転弧が大きければ良いなという印象だった。

オガサカの人曰く、気持ち良く大回りたいならGSのR30やR35は薦められないとのこと。

それより基礎大回りの板が良いらしい。


Dvc00016



試乗の後、アルペンのアドバイザーとも話をした。

やっぱり、R30ならまだしもR35は薦められないとのこと。

競技の規則があるから作られているだけで、楽しいものではないような話。

さてと、色々と考えることがあるな。

そういえば、板選びで考えたことなんてこれまでに無かったな。



ブログ村 スキースノボーブログ




2016年3月20日 (日)

自覚はできてきた(32日目)


今日もやぶはら。

朝一は硬くて良かったが、11時にはグサグサ。


毎年そうだが、終盤になって悪い所が自覚できるようになる。

そして、改善する時間が無くて終了となることがほとんど。

改善できないまま数年になるところもあるが・・・


昨日くらいから特に自覚できるようになったのが、左内足の角度が悪いこと。

今シーズンのビデオで駄目だなと気付き、それから自覚できるように注意していた。

今日は自覚できることが増えて、改善を試みた。

でも、そんなに簡単に行くはずはない。

残り少ない今シーズンで、どこまでできるかな。




2016年3月19日 (土)

雨ばっか(31日目)


今日もやぶはら。

雨上がりの午後から。

また週末に雨だよ。


雪はグサグサ。

矯正効果は抜群!!!



2016年3月12日 (土)

コロコロ雪で軸出し(30日目)


今日もやぶはら。

昨日よりも良い天気。



Dvc00003



右外足がどうしても内倒してしまうので、コロコロ雪で少しは矯正できないかと滑ってみた。

いつもなら気持ち良くないので避けがちだが、そんなこともしていられない。

国2に大量のコロコロがあったので、そこを回した。

最初は、見事に内足が残って外足がズルズルズルーと流れてしまった。

それでも続けると、たまには良い感じのターンもできた。

その後、常連の方と国3を滑ったが、良い感触のターンが何回かあった。

まあそんなに直ぐに劇的な改善は無いにしろ、色々と試すうちに良くなることを期待したい。



ブログ村 スキースノボーブログ





2016年3月11日 (金)

ゲレンデがちょっと復活(29日目)


今日もやぶはら。

昨日からの雪が積もって、久しぶりに冬らしい景色だった。

麓で5cmくらい積もっており、ゲレンデがまあまあ白色に戻った。

ただ、硬いザラメと新雪が斑になっており、さらに新雪は滑らないので、難しかった。

国3は完全に新雪で覆われていたが、珍しく圧雪が悪くて、こちらも難しかった。

それでも、久しぶりに晴れた雪景色の中を滑れて気持ちよかった。


朝は霧が出ていたが、10時前には晴れた。

下のゲレンデは、本当に滑りにくかった。


Dvc00011

Dvc00017




2016年3月 6日 (日)

また雨だよ(28日目)


今日もやぶはら。

午後二時半くらいから雨。

今シーズンは、雨が多い・・・


今日の滑りや過去の滑りを見て分ったが、斜面が荒れてくると上体がかぶるようだ。

滑っている際の意識は、滑りやすい状況の時よりも外足でしっかり雪を捉えようとしている。

その動きが上体のかぶりになるようなので、次から注意してみよう。






ブログ村 スキースノボーブログ